2013年04月29日

ミスコリア候補の顔がみんな同じ


海外メディアが、「ミスコリア」の顔が似ているという報道を次々と出しています。
私も見て見ましたが、確かに似ている!
同じ整形外科医が手術した顔なのだろうか?

米ハフィントンポストや英デイリーメールも、
ミスコリア選抜大会に出場した候補の顔がみんな似ていると伝え、
整形手術が理由のようだと主張。

ちょっとやりすぎ〜アンドロイドな感じ。
それでも整形したいっていうか、そういう文化なのだろうね。

それにしても、男性も整形したい韓国人が増えて、
整形する人も増えているようだけれど、
男性も女性も整形していたら、生まれてくる子はどちらにも似ていない子になっちゃうよね。
整形が悪いとかは言わないけど、
こんなに似ちゃって、個性とかは全く不要な国なのかな?

人の顔って、性格がにじみでるものだから、
たとえブスでも、人間性を磨いている人ってかわいく見えたりするものだよね。
例えば、子どもでも、ギスギスツンツンしている子よりも、
のびのび育っていて、ホンワカニコニコした雰囲気の子のほうが、かわいいし、
年頃になっても、「私きれいでしょ!だって色々がまんしているもの」という感じより、
「私一生懸命楽しく生きてます!」という人のほうが活力が合って魅力的に見える。

そんな風に思わない人が増えたのかな?
外見さえ良ければそれでいいっていう問題でもないだろうに。





ラベル:ミスコリア 整形
posted by とれん at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

トントン病


中国で、トントン病で亡くなる人が増えているそうです。
とはいっても、報道されているのは、亡くなった人は「20人」だそうですが、
氷山の一角のような気がします。
これから、どんどの増えてくるのかもしれません。

トントン病とは、「イタイイタイ病」に似ている症状なので「痛痛(とんとん)病」と呼んでいるそうですが、
工場が垂れ流した排水が地下水を汚染して起きるものなのだそう。
言ってみれば、カドミウム中毒で、村人の尿検査をすると、尿中からカドミウムが検出され、
腫れた体が赤黒く染まり、イタイイタイ(痛痛・トントン)となる病気だそうです。

直訴しようとして、捕まった人もいたりとか、
時代的に日本の江戸時代のような感じですね。
日本というお手本があるし、学ぶことができるのだから、
少しでも国民のために学んで対策すればいいのに・・・
と思ったりしますが、

日本の福島原発の放射能汚染。
どう対策しているのか、イマイチ不明の部分も多く、
日本でも、造血細胞系の病気とか増えてきそうです。

環境汚染は恐いね。








posted by とれん at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする