2018年03月13日

花粉症に効く食べものとは?

SAYA160105202992.jpg

花粉症で困っている人はいませんか?

私も困っています。

困っているので少しでも楽になりたいですよね。

そこで、花粉症に効く食べ物について調べました。

毎日食べれば、ほんの少しでも楽になるかも??


花粉症対策ができる食べ物とは?



まずはバランスのとれた食事が大事です。
勿論、花粉症の季節に限ったことではなく、年中その対策を行うことが大切ですが、
バランスよく食べることによって免疫力がアップします。
免疫力がアップすれば少しは花粉症の症状が楽になるかも?

ビタミンC: レンコン、かんきつ類、葉物野菜など
抗酸化作用があり、痒みや炎症対策としてオススメな栄養素です。

乳酸菌: ヨーグルトや発酵食品など
乳酸菌で腸内環境を良くすることで免疫力がアップします。

EPAやDHA: 味やサバなど
魚に含まれる脂肪酸で、免疫機能を正常化する働きが期待できます。

αーリノレン酸: 亜麻、えごま、大豆など
体内でEPAやDHAに代謝される成分なので、免疫機能の正常化に効果が期待できます。

カテキン: 緑茶など
緑茶に含まれる成分でアレルギーを起こすヒスタミンを調整する作用があります。


花粉症の時のおやつはチョコがおススメ?



チョコレートのカカオポリフェノールが花粉症に効く!という噂を耳にしました。

チョコレートが好きなら、香りと味によって、花粉症症状によるイライラも改善できそう。
確かに、リラックス効果は期待できそうです。

でも、甘いものってアレルギーに良くないのでは?
そこで、チョコレートも花粉症対策としておすすめなのかどうか、調べてみました。

●カカオポリフェノールはアレルギーの改善効果がある



カカオポリフェノールには、アレルギーの改善効果が期待できるということが分かりました。

1998年9月に開催された「チョコレート国際栄養シンポジウム」で、
聖マリアンナ医科大学の鈴木教授が、
・チョコレートを摂取した人はIgE抗体の産生が低下した
・チョコレートを摂取したらヒスタミンの放出が抑制された
というような結果を発表したそうです。

つまり、アレルギーの原因になるIgE抗体の産生やヒスタミンが少なくなるということですよね。

なので、カカオポリフェノールにはアレルギーの改善効果が期待できるという訳です。

その他にも、血圧を下げたり動脈硬化を予防したり、
抗酸化作用によって美容に効果的だったりするそうですよ。

健康や美容のためにも、チョコレートっていいのかも?

食べ過ぎたらだめなのだけれど…。

カカオ70%など、濃いチョコレートが良いのだろうけれど。

私が大好きなミルクチョコレートだとあまり効果はないかも??



あとがき



日本では4〜5人に1人が花粉症だそうです。
立派な国民病ですよね。

なので、新聞やテレビなどの天気予報でも花粉の飛散予報を紹介しています。
まずは、この花粉飛散予報をチェックして、対策を万全にするか、
ちょっとゆるめるか…という判断をしましょう。

そして、花粉症を食べて予防する方法も試してみてくださいね。

やれることをやって対策!これに限ります。

おやつはチョコをチョコッとねっ♪














posted by とれん at 13:46| Comment(0) | ・花粉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする