2018年03月13日

えっ?少年刑務所に80代の受刑者が…?

GMKN_STUDIO_004.jpg

2018年2月、佐賀少年刑務所で80代の男性受刑者がけいれんを起こ、搬送された病院で死亡した…というニュース。

えっ?少年刑務所に80代??

よっぽど刑務所が満員なの???

なんて思ったのですが、実は少年刑務所にいるのはほとんど少年ではなく、高齢者のほうが多いそうです。

少年の場合は、よほどの重大犯罪でない限り、ほとんどが「少年院」に入るそうです。

でも少年刑務所に80代??

もっと調べてみると、少年刑務所は基本としては26歳までだそうですが‥。

ん〜〜という感じですね。

もう「少年」ってつけるのはやめたらいいのに…なんて思ってしまいます。

でも、まぁ〜、50代でも少年隊…っていうのもあるし。



で、何歳の時から入って、80代になったのでしょう。

27歳以上でも、60歳以上でも、80歳以上でも、「少年刑務所」に入るという人が多いのでしょうか?

あと、高齢者の場合、病気もそうだけれど、認知症になってしまったり介護が必要になってしまったりということも多いと思うのですが、もし、刑期を終えて出所するということになったらどうなるのでしょうね。

老人介護施設なども満員のようだし。

刑務所で働いている職員の方も、介護の勉強したりするのかな…。

大変だなぁ〜〜。

なんだかよく分からないけれど、税金が・・・・・・・という気がします。

テレビで観たりすると、明らかに私のお昼ご飯よりも、きちんとしたものを食べているし。

被害者がいるっていうのが置き去りになっているような気もするし。

今の政治も高齢化社会も少子化も…なんだかなぁ〜。










posted by とれん at 20:00| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする